楽しく、素敵な時間が
過ごせる文化を創造する

窪野 淳史ATSUSHI KUBONO
デザイナー / 2016年入社

お店作りを通じてお客様に喜んでもらうこと

僕は大学で建築を専攻し、前職では住宅・オフィス・店舗作りを、前々職では店舗設計に従事しました。昨年、現在のデザイン部立ち上げに参画し、入社しました。デザイン部では、店舗・オフィス・住宅などの設計を担当しています。

鉄や木、コンクリートやタイルといった素材を大事に、アクセントとしてグラフィックや植物を取り入れたデザインをしています。CADを使って設計図を書いたり、プレゼン用の資料を作成したり、お施主様との打合せ、工事まで引き受けています。

常に新しいことにチャレンジしていく

お施主様に喜んで頂く事はもちろんですが、お店を利用したお客様の方々に喜んで頂ける事を大切に考えています。スケッチや図面を作成し、お施主様と全体の構成から詳細に到るまでを綿密に計画していきます。「どうしたら来店してもらえるだろう」「どんなレイアウトにすれば最高のサービスを提供できるだろう」「どうしたらお客様にとって素敵な時間になるだろう」等々、お施主様やスタッフと共に一つずつクリアし、また来たいといって頂けるような繁盛店となるよう日々の業務に取り組んでいます。

店舗は、非日常の特別な時間を過ごす場所であり、いつもの自分ではない自分になれる場所でもあります。そんな場所だから、より素敵な思い出を作ってほしいと考え、デザインするようにしています。
他店との差別化を図り、少しでもそのお店にしかできないもの、オンリーワンのものを作りたいと思い、チャレンジしています。CANVASでは意見に耳を傾けてもらえる機会が多く、風通しも良く、挑戦することに前向きになれます。

楽しく、素敵な時間が過ごせる文化を創造する

お手伝いをしたお店が街に溢れ、そこに暮らす人々が豊かになるような文化をつくりたいです。居酒屋に飲みに行ったら飲んだくれて帰る、美容院にいったら髪を切り、素敵に生まれ変わるなど、些細なことでもその人が素敵な時間を過ごせたのなら、それは文化になります。

大衆的なお店や高級なお店など関係なく、温かく、人間味のあるお店をつくりたいと考えています。お店が元気であれば、人も街も元気になる、もっと楽しく素敵な時間を過ごせる、それがその街の文化になってくれると嬉しいですし、目指していることです。

RECRUIT

CANVASの採用情報を掲載。
募集要項や選考フローについてご紹介しています。