会社の成長は
自分自身の成長と同じ

乗松 毅TSUYOSHI NORIMATSU
フードディレクター / 2014年入社

会社の成長は、自分自身の成長

某フレンチレストランを経て、大手ブライダル企業にて統括シェフ、マネージャーを従事。その後、神戸のレストランにてグランシェフを歴任し今に至ります。シェフを経験し、マネージャーを務めるようになってからは、マネジメントが大切だと気付き、以後はマネージャーを務めていました。その経験がCANVASに活きています。

入社のきっかけはCANVASの『街づくりをしたい』という考え方に共感しました。CANVASの店舗があるからこの街に住みたいと思ってもらえるようなお店を作りたい、会社を大きくしたいという夢があり、CANVASでなら、その夢が叶えられると感じたため、入社を決めました。

CANVAS全店の料理を管理

フードディレクターとして、全店の料理に関わっています。様々な業態を展開しているCANVAS。各店舗の個性を大事にしながら、CANVASならではのそういった利点を活かし広い視野で料理、食材と向き合っています。また、お客様・社員・アルバイト・取引先の方々、関わるすべての方に、より多くの笑顔が生まれるように、日々努力しております。

料理管理の他には、シェフの教育なども行っています。基本的には各店主体で運営していますが、時には一緒にメニューを考えたり、アドバイスなどもしています。また、繁盛店や今のニーズに合ったお店に視察に行くことで、料理のアイディアを考えるきっかけをつくっています。

自己満足で終わらないこと、常にチャレンジすること

食材にこだわるとは、旬のものを使うのはもちろんですが、生産者の方々が込めた思いを取り入れて料理を作ることでもあります。食材一つ一つを大事にし、精一杯美味しくしてあげたい、どうやったら美味しくなるかを考えます。しかし、自分がいいと思っても、お客様がいいと思わなければ、それはいいものだとは言えません。相手がどう思うか考え、作ることが大切だと思っています。

私は、何かを決めて行動するというよりも、何事もまず挑戦してみることにしています。何か行動を起こすときに、やる前からできないと否定しないことが、自分の幅にもなりますし、自身や会社の成長にもつながると考えているからです。新しいことや挑戦することに壁を作らないようにすることで、結果的に目指していることにつながっていくと思います。

RECRUIT

CANVASの採用情報を掲載。
募集要項や選考フローについてご紹介しています。