ひとりひとりの
お客様に向き合うこと

竹岡 綾子AYAKO TAKEOKA
UED. サーバー / 2017年入社

同じ日は一度もない、充実した日々

2017年度、新卒生としてCANVASへ入社しました。入社の決め手は、CANVASの企業理念、社長の考え方に共感し、自分自身、成長できる場だと感じたからです。社長の『常に本気でやる、今を本気で過ごしていたら、過去も未来も後悔はない』という言葉に感銘を受けました。私は昔からやりたいと思ったことは、目標を立て、全て実行してきたので、その自分の生き方と会社の考え方が一致していたのもCANVASを選んだ理由の一つです。

CANVASにはクレドがあり、社員はそれに沿った行動をしています。会社としての行動指針がしっかりしているため、自分の進むべき道を見失わずに働くことができます。また、やりがいを感じる瞬間は、お客様に料理や接客を褒められたり、いろいろなことに挑戦させてもらえること、他の仕事ではできないようなことをやらせてもらえる時です。毎日が同じことの繰り返しではなく、その日のお客様や自分の行動を意識し、充実した日々を過ごしています。

ひとりひとりのお客様に向き合うこと

スタッフからしたら、たくさんいるお客様の一人、しかしお客様にとっては、自分を接客してくれる一人のスタッフとなります。わざわざこのお店を選んでくれて、貴重な時間を過ごしていただくのであれば、どんなに忙しくてもお客様のために時間を使いたいです。作業は素早くテキパキとこなし、お客様の前では、丁寧に接客することを心がけています。お客様によって、どのようにお店での時間を過ごしたいのかを考え、感じ取り、臨機応変に対応するようにしています。

毎日が勉強で、先輩やお客様から学ぶことは多く、まだまだ成長できたとは思っていません。今後は、コーヒーを作れるようになるなどのサーバーとしての仕事をマスターするのはもちろんですが、いずれは、お店のマネジメントや採用の部分にも関わっていきたいと思っています。

新店の企画メンバー、料理や商品知識を習得し、店長へ

知識の習得は、本を読む、自分で調べるなどを行い、調べてもわからないことは、先輩スタッフに聞いて、お客様に尋ねられたときに、すぐ答えられるようにしたいと思っています。また、店長になるには、挑戦する姿勢、現状に満足しない気持ちをもつことが大切だと思います。その姿勢で営業に取り組めば、自身の成長につながると考えています。

将来は、カフェ業態でストアマネージャーを任されたいと思っていますが、今は、様々な環境で経験を積み、そこで得たものを自分のやりたいことに活かしていきたいです。

RECRUIT

CANVASの採用情報を掲載。
募集要項や選考フローについてご紹介しています。